快適な環境で働くために

夏場の現場作業はどうしても汗をかいてしまうため、ズボンの中がムレてしまうのです。その状態で仕事を続けているとどうしても不快になってしまい、作業効率も低下してしまいます。そのため、夏場の現場作業は通気性の高い作業ズボンが欠かせません。

作業服近年の作業服はポリエステルと綿によって作られているので、吸汗速乾加工となっています。汗が残ってしまうとズボンの中がムレるだけでなく、ニオイの原因となってしまうのです。そのため、吸汗速乾加工にすることでこれらを防ぐことが出来るのです。また、ポリエステルと綿を使用することで洗濯耐久性が高くなっています。綿100%の素材でしたらどうしても縮んでしまいますが、ポリエステルを配合することで縮みに強くなっているのです。

また、いくら通気性が高くムレを防いでいたとしても、それだけで作業がスムーズになるとは限りません。ウエストやヒップが窮屈になってしまうと快適な作業が出来ないのです。そのため、通気性だけでなくツータック加工のズボンをおすすめします。ツータックとはふたつの折り目を作ることでヒップやウエストに余裕が生まれ、動きがスムーズになるのです。そのため、快適な現場作業にはツータックズボンやカーゴパンツも見逃せないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket