通気性の高い作業服

現場作業は立ったりしゃがんだりなど、さまざまな動きをするものです。そのため、作業服のズボン選びは慎重に行う必要があります。ツータックなどの加工が施されていると、それだけでもヒップやウエストに余裕が生まれて動きがスムーズになるのです。しかし、作業服のズボンはそういった動きやすさだけではありません。ハードな現場作業や夏場の現場作業はどうしても汗をかいてしまうため、仕事中のズボンのムレが気になってしまいます。そのため、作業服のズボン選びでは通気性も考える必要があるのです。通気性の高い作業ズボンであれば快適に仕事が出来ますので、作業効率もアップします。

暑さ特に近年は夏の暑さが厳しくなっており、熱中症などのリスクが高くなっています。そのため、屋外の現場作業は熱中症対策も考えなければなりません。通気性の高いズボンであれば吸汗速乾となっているので安心出来るでしょう。

また、近年は熱中症対策のために小型のファンを取り付けた空調服が登場しています。空調服はファンによって服の中に空気の流れを作りますので、快適に作業をすることが出来るのです。そして、空気の流れが生まれることで汗を蒸発させ、気化熱の冷却効果が期待出来ます。炎天下の現場作業において空調服は欠かせないでしょう。

こちらでは通気性の高い作業ズボン、夏場の現場作業の熱中症対策などについて解説いたします。これによって快適に現場作業を行うことが出来るでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket